HeyaCafe' ATELIER スタッフブログ

heyacafes.exblog.jp ブログトップ

■ 東日本大震災と部屋カフェ っちゅう話

f0225847_2050791.jpgみなさん、こんにちわ。
日本観測史上最大 M8.8 東日本大震災、この大変な事態を東京のど真ん中にある会社の会議室で経験した部屋カフェ店長の NAKAYOSHI です。

最近割と多かった地震、この日も「また来た」と思いながらいると、その揺れる時間の長さと徐々に大きくなる地震に驚き、会社の数名の社員と外へ飛び出した。いつか来ると言われていた大地震。いざ来ると何もできない。もちろん人生経験最大の震度。

仕事柄ニュースより速く集まる各地の情報を見て、絶望感が襲ってきた。分かれば分かるほど「なんなんだよーこれーっ」と想像以上の現実にそんな言葉を発することしかできなかった。もう立場やら利害なんて関係ない、自分にできることをやるだけ。

会社で最初にやったこと、それはネットワーク環境の確認=情報収集・連絡手段が確保できるのか。その後は、泊まり込む社員のための夕食の買い出し。ビルを出ると救急車などのサイレン音のみで、電車も国道の車もほぼ止まっている。東京がこんなに静かだなんて奇妙だった。

近くのコンビ二とスーパーで買い出し。結果、おいらは4回も買い出しに行ったのだが、1回目は普通にまとめ買いできるも、被害状況や公共交通機関の情報が入るにつれ、お店の棚から食料品がどんどんとなくなっていった。
f0225847_20495653.jpgf0225847_20494415.jpg
f0225847_2049328.jpg(←)買ってきたものを持ち寄ると会議室は食料品であふれ、写真の3倍の量ほどになった。

地震に遭遇したおいらの心境・行動は…
 ①自分の身を守る。
 ②家族&家の安否を心配(連絡取れず)
 ③地震情報の収集。
 ④身内への連絡を取り続ける。
 ⑤食料調達を考える。
 ⑥帰宅を考える。 …こんな感じだった。
 
会社から帰宅許可が出て、会社に泊まるか帰るか、まさに⑥を考えていた。数時間会社の仲間と話し合い、都内の地下鉄の一部が動いたと知り、混雑覚悟で同方面から通う社員と思い切って帰ることにした。

オフィスを後に外へ出ると、暗いのに都内の歩道は初詣並の混雑。タクシー拾えたところで車も渋滞し、数時間動いていない。本当にすごいことになった。帰るとなると、家のことばかりが心配になる。動いていた地下鉄に乗り、圧迫死しそうなくらいの混雑に紛れること40分。自宅のできるだけ近い駅で降車。そこから1時間かけて夜道を歩いて帰宅した。
f0225847_2049652.jpg
自宅までくると、まずはアパートの外観をチェック=破損等なし。入口から自分の部屋に向かうと玄関前に置いておいた自転車が倒れていた。鍵をあけ中に入ると、玄関すぐのキッチン脇冷蔵庫(→) その上のオーブンレンジが冷凍庫の扉を押し明け、それに引っかかった半落ち状態でキープ&庫内のものが溶けていた。

そして、部屋の中を見ると証明やインテリアなどの置物、絵具や筆類などが棚やテーブルから落下・転倒。

やっぱりこういうとき、思い出の品や高いものが気になる。例えばテレビやパソコン、部屋カフェとしてはエスプレッソマシンやグラインダー。幸いにもこれらは何とか無事に留まっていました。
f0225847_20484015.jpgf0225847_20482634.jpg
f0225847_2048138.jpg
生きていられたから言えることですが、今思うのは、揺れている瞬間は誰もが自分のことに必死になる。だから「自分の命はまず自分で守らなければいけない。」そこで生延び、事態が分かり気持ちが落ち着いてきて初めて人を想いやることができる。仕方がない。

未だにちょっと揺するだけで妙な恐怖心がわき起こる。でも、震源地に近い東北地方の被災者の方に比べれば、こんなんでも本当に幸せなこと。恐怖心を味わえた者として「ハチドリのひとしずく/環境サミット伝説のスピーチ」のごとく、節電など小さなことでも「自分にできることを精一杯にやりたい」と思う。


程度の差はとにかく、被災地の皆様の御見舞い申し上げます。そして、家族(身内)のみなさん、おいらは無事です。ご連絡をくれた友だち、ご心配いただきありがとうございます。

< By 管理人 >
URL : http://heyacafe.com/


[PR]
# by heyacafe-atelier | 2011-03-12 20:47 | ・ スタッフ日記

■ 部屋カフェリメイク っちゅう話

f0225847_1422428.jpgいやー、みなさんこんにちわ。
2月19日以来のブログ…部屋カフェ的には久しぶりの投稿です。…という訳で、仕事でだいぶ疲れながら今月いっぱいそれが続く部屋カフェ店長の NAKAYOSHI でっす。

さて、久しぶりの投稿内容は「部屋カフェリメイク」っちゅう話ですわ。ほらほらおいらの後ろに、模様替えされた部屋カフェが……、いつもよくご覧いただいている方はどこが変わったのかすぐ分かるかもしれませんね。

なぜリメイクしたかって…それは、
 ①室内の区画割り一新
 ②作業動線改善
 ③気分一新
ってところです。

その部屋カフェのある部屋の様子がこちら(↓)
f0225847_142730.jpg
▲ うほほ〜ぃ、対角180度のフィッシュアイレンズはすっげぇ〜や。…おっと、話が脱線しかけた。
ご覧のとおり、半分から奥がカフェスペースで、じゅうたんから手前がリビングダイニングスペース。今までの何となく別れていたような感じから、①室内の区画割りを明確に一新しました。
f0225847_1415332.jpg
部屋カフェに遊びにきてくれる友人たちとはいつも、だいたい昼くらいに集合して、まずはコーヒータイム、その後は必ずアルコールタイムになる。コーヒータイムとアルコールタイムがはじまったしばらくはカフェテーブルでワイワイやるのですが、次第に腰が椅子から床へと移る。でもこれまでは、床で飲食物を広げてゆっくりできる配慮は何もしていなかった。
f0225847_13592395.jpg
そのため、床にガラステーブルを移設しみんなで囲みながら、お家と同様に映画を見ながら過ごせるようにしてみた。カフェのようなお家のような、何よりお客さんとより楽しく過ごせるようにと…。

(↑)上の写真は、カフェスペースを横? or 正面?から見たところですね。
f0225847_1413488.jpg(↑)こちらの瓶詰めされたお豆ちゃんは、残念ながら賞味期限を過ぎてしまったもので、単なるインテリアとして置いてあるものです。

次に②作業動線改善について。
今回リメイクするまでは、エスプレッソマシンとグラインダーが離れて設置してあった。だから抽出するときは、あっちこっちむいて無駄な動作が多かった。だからこのメインとなるマシンたちは、この部屋の最も特徴的な出窓スペースに揃えておいてみた(↓)。隣には、いつも情報収集に使う iMac を水がかからない距離に置いてみた。画面を見ながらの作業とか、お客さんにいろんな写真を見せながらコーヒーの素晴らしさを伝えるのに、ここにパソコンがあるのがちょうどいい(だろう)。

そして、エスプレッソマシンが乗っていた古家具の上には、エスプレッソ系ではない抽出器具等をまとめておいた(→)
f0225847_13593989.jpg
▲ これこれ、ここが注目のステージ! 正面から見ればこう ▼
f0225847_1411736.jpg
f0225847_1401642.jpg置いてみたら見事なまでにピッタリサイズ(→)
ここに置くべくして開発されたマシンかっ!!
これでグラインドしてすぐ抽出ができるようになったぞ!

しかしこのお二方、お似合いですなー。

さてさて、最後の③気分一新について。
何気にこれがおいら自身には最も重要。
部屋カフェは来月20日に、記念すべき1周年を迎えます。実はこれを睨んでのちょっと早いリメイク。初心を忘れず気持ちを新たにして、この1年間で徐々に見えてきた「自分が本当にやりたかったカタチ」をより具体的に練習していこうと思ってます。

おいらの指定席(中央の椅子)に座ると、向かい合う壁には黒い額縁に入った1枚の写真が目に飛び込んでくる。そう、この写真こそ、おいらが写真活動をしながら「カフェをやりたい」と思ったきっかけの1枚なんです(上から3枚目の画像を見ると分かるよ↑)
f0225847_1405741.jpg…そのお話は、また次回にでも「部屋カフェ誕生秘話(仮題)」みたいな感じで投稿しようと思っちょります。

それはそうと、適度に陽がさし込むこの場所では、マシンがより一層カッチョよく見えるなー、まぶしいぜぇ〜。

グラインダーを変えたことで、抽出したエスプレッソは飛躍的によくなったし、コーヒーの新たなおいしさを分かってきた友人も、エスプレッソベースの飲み物をオーダーしてくれることが増えてきて、実にうれしい限りです。
f0225847_1402963.jpgf0225847_1359979.jpg
f0225847_13562757.jpg
部屋カフェなんて、インドアなおいらのカフェごっこの場所みたいなもんだけど、1年前にやろうと踏み切ってよかったと思ってる。だって、こんなんでもやらないよりかはっきり分かってきたことがあるし、これがネタにもなって Twitter 等でもたくさんの方とコミュできたり、場合によっては貴重な出会いができたのもその「一歩」があったから…。この間の投資、無駄じゃなかったな!

一言で言えば、「やり始めておいらの生活はたのしくなった」…これに尽きる。

さぁ〜、どうしていこうか おいらよ!
何でも具体的に動くことが大切。この1年はカタチを整えることにまっしぐらだったけど、これからはそのひとつひとつをより細かく再確認していってみるかな…。


読んでいただきありがとです。
 みなさんもすばらしい自分時間を…
  部屋カフェでした。

< By 店長 >
URL : http://heyacafe.com/


[PR]
# by heyacafe-atelier | 2011-03-06 16:34 | ・ 部屋カフェ

部屋カフェスタッフブログ


by heyacafe-atelier
クリエイティビティを刺激するポータル homepage.excite
カレンダー
S M T W T F S
1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30