HeyaCafe' ATELIER スタッフブログ

heyacafes.exblog.jp ブログトップ

■ 感性くすぐられたサイフォンコーヒーのカフェ っちゅう話

f0225847_1529660.jpgみなさんこんちにわ。
男のくせに冷え性で、会社では女性社員と同じく膝掛けを使う部屋カフェ店長の NAKAYOSHI です。

さて、今回(昨日)もとっても素敵なカフェを訪ねました。Twitter で @Hideaki_O さんをフォローしたのがきっかけ、お店のサイトを拝見すればこれがまた内装が部屋カフェの感じとそっくり。まぁ、部屋カフェの方が似たわけですが、それもあって興味が一気にふくれあがっちゃったんですわ。

しかもサイフォン提供のお店。
部屋カフェではサイフォンでコーヒーをいれることはありますが、ちゃんとしたお店でサイフォンコーヒーを飲んだことはなかった。なおさら行かねば…ということで行ってみました。

[ お店情報 ]
東京都世田谷区三軒茶屋1-9-16
http://www.cafe-obscura.com/

f0225847_1620885.jpgf0225847_16203466.jpg

f0225847_15284735.jpg(↑)店内はこんな感じ。
どうですかー、やっぱりうちっぱなしの内装、部屋カフェに同じくおいらは大好きですねー。無機質な空間にウッディーな家具、たまんない!

さてさて、お店を訪ねたおいらはオーナーと初顔合わせ。こちらのお店では、スペシャルティコーヒーの豆を別の場所にある焙煎所でサイフォン抽出用に自家焙煎しお店で出しているという。

今回おいらはイエメンのコーヒーをオーダーした。
出てくるまではプロがいれるサイフォン抽出をじーっと拝見。やっぱりおいらのいれかたとは違う点が何カ所かあり、帰ったらすぐにでも部屋カフェで再挑戦したくなっちゃった。

(←)いやー、入れ方がかっちょええー。フラスコを暖めお湯を入れて。

f0225847_1528338.jpgf0225847_15274951.jpg
▲ 火力の微調整ができるように設けたガス台は特注のもの。そして、粉を投入!

f0225847_15271478.jpgf0225847_1526562.jpg
▲ フラスコ内の圧力があがりお湯が上昇(シュルルー)。時間を計って粉をヘラで混ぜて…

f0225847_15263456.jpgf0225847_15261957.jpg
▲ 火を止めると圧力の下がったフラスコにネルで濾されて戻る。戻りきるとボコボコボコーー、まるでワイン色 ビューティフォー!

f0225847_1526034.jpgf0225847_15254465.jpg
▲ できたコーヒーをカップに注ぎ、もちろんテイスティングして。実に丁寧なお仕事。

f0225847_1525267.jpgf0225847_152562.jpgf0225847_15243421.jpg



















さぁ、いただきまーす。
これですよサイフォン。酸味特性と甘みがバランスよく濃縮された香味とそして滑らかな舌触りになる。豆の特徴によって当然違うけれど、サイフォンの効果はそれにあると思う。そして、冷めてくると酸味が際立ってくるのがコーヒーですが、それでもサイフォンでいれたものは癖がなく実においしい(プレスもおいしいけどね)。水なんて飲む必要がないくらいあっさりとしている。

最近は、ペーパードリップと同じくサイフォンも海外で注目されている。これらは日本の方が抽出技術は優れているのか、こちらの店にも腕の立つバリスタが海外からも訪れるようです。ペーパーやサイフォンのようなちょっと職人っぽい細かな作業は、きっと日本人にむいているのかも。

しかし、おいらが座ったこの席、どうですか。やっぱり部屋カフェの感じにそっくり(↑)。落ち着いたよー。実は会社にわりと近いところだったので、今後ちょっと通ってみようと思ってます。オーナーとも価値観が合いそうな気がしたし、もっといろいろと知りたくなったから。感性くすぐられたなー★

< By 店長 >
URL : http://heyacafe.com/


[PR]
by heyacafe-atelier | 2010-11-21 15:24 | ・ カフェ巡り

部屋カフェスタッフブログ


by heyacafe-atelier
クリエイティビティを刺激するポータル homepage.excite
カレンダー
S M T W T F S
1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30